イメージ画像

浮気調査の大切なポイント

浮気調査を実施する探偵や興信所の調査員などは「調査のポイントを心得て」現場で調査を実施している。どのような重要ポイントが浮気調査には必要であるか?ご自分で浮気調査を試みたいと考えている方には興味深いことだろう。どのような仕事においても「譲れない要」は存在し探偵の調査もまた同様なのである。

浮気調査を依頼され調査に着手する以前に担当相談者と依頼人の間で取り交わされる「事前情報」を基に調査の方向性を決定する。仮に「御依頼者が調査対象について情報が無い」場合は困難な調査になるケースが殆どであり探偵にかかる負担も増となる。事前情報が少ない調査案件も同様の傾向が強く、「調査の無駄や遠回り」が頻繁になり「御依頼者が求める結果」に到達に要する時間と費用が増大するのである。

事前情報の重要性について

事前情報の重要性は浮気調査の進行において考えた場合には「調査全体の3割」ほどの重要度が存在していると個人的には考えている。調査対象者の生活パターンや仕事に費やす一日の割合などに代表される情報の有無で「無駄な調査を実施する時間」を削減できるのである。勤務先が曖昧であり出勤時間も見当がが付かない人物の浮気調査など「時間と費用」が増加することは当たり前と断言できるのである。現場で調査を実施する探偵にも「無駄なリスク」が降りかかるといえる。

調査対象の職業を尾行により解明しようと考えた場合に「自宅周辺で長時間張り込む」事が要求される。周辺住人の目や防犯意識が高い住宅街などで「長時間の張り込み」は大きなリスクを伴うのである。調査に着手する初期段階からこのような状況下での調査指針であった場合には「浮気調査の範囲に到達する以前に自宅周辺で張り込みが困難」になり、出勤時間や帰宅時間などの生活のペースを調査により認識してから「浮気調査を実施」していてはハイリスクな浮気調査となってしまうのである。

勤務先が判明し「浮気調査を実施」する段階に入り「勤務先の退社時間に合わせて張り込みを開始」する。大きなオフィスビルや小規模な雑居ビルであっても「張り込むポイント」は同一であり「出口を全て押さえる」である。どのような考えや用件で調査対象が外出するか?想定がきかない勤務先での張り込みには絶対に必要な条件である。浮気調査を少人数で格安に実施している探偵が存在しているらしいが「プロの仕事」とは言えないだろう。少人数の調査は「リスク」がつきものであることを上記の条件下でも理解していただけることだろう。

このページの先頭へ